ジオサイト

地形・地質学や、地球科学の見地から
重要とされる地形・地質資源

英名 エリア
英名Outcrop at Onsen Hotel Parking Lot エリア山頂カルデラ

ここでは、カルデラ形成以降の大規模噴火の堆積物(新期大島層群)のうち、6~7世紀頃から500~700年間に降り積もった地層が観察できます。穴だらけの灰色~黒っぽい小石はスコリア、砂状の黒い粒は火山灰、茶色は噴火が起こらなかった期間にできた土の層です。

伊豆大島特有の玄武岩質の黒い地層の間に、真っ白い層が一直線に挟まっている様子も確認できます。
これは、838年の神津島・天上山噴火による白い火山灰が伊豆大島にも飛んで来て、全島に降り積もったものです。この特徴的な白い層を手がかりにすると、その上下の地層が降り積もったおおよその年代を推定することができます。このように、地層を読み解く手がかり(鍵)となる層を「鍵層」と呼びます。

この白い火山灰層が、波浮港のもととなる火口湖をつくった噴火の地層を覆っていることから、その噴火は9世紀初めに起こったと考えられています。


神津島838年噴火の流紋岩質火山灰層(鍵層)


6~7世紀頃から500~700年間にできた地層




位置情報